読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marikaの生きる道

スウェーデン留学経験。帰国してから、日本がより魅力的に思え、茶道・着付けを着々とトレーニング中。

その灯が消えるまで。

留学時代に仲良かったスウェーデン人男性×日本人女性カップルの結婚式が4月、東京で行われることが決まり、先日招待状を頂きました。

f:id:marika-styles13:20170219213647j:image

 

頂いた招待状と出欠確認のハガキを眺めるだけで、「ここに至るまでに経験してきた苦労や困難」が創造的に脳内を巡ってぐっと込み上げるものがあった。

短期間しか同じ場所で同じ時間を共有したことしかない二人なのに。

 

それはきっと自分に置き換える何かがあるから共感できたり、ここまでの道のりまで考えたりするのだろうと思う。

 

お互いがお互いの近くでいる努力を必死で重ねてきて、今二人はスウェーデンで暮らしています。

 

その現在を羨ましく思う分、「じゃあ、私たちはどうやったら一緒にいられるんだろう」という手段を考えます。

 

「今、アメリカに行ってどうするの?」

「親の立場に立ったら、近くにいてあげることが親の喜びだと思うよ」

「白人の移民じゃないし、特にヒスパニック系はトランプ政権になってから相当苦労する」

「日本語を堪能に話せないのに、職は見つかるの?」

「お互いがスウェーデン人じゃないのに、スウェーデンで生活していくのは厳しいんじゃない?」

 

自然と私には批判というより、将来自分が困らないための問いかけをしてくれているような感覚がします。

 

それでもやっぱり「彼が白人じゃない」ことを突っ込まれると、差別や偏見を感じてしまって「結局、周りはそういう見方をするんだ」と再認識させられます。

 

辛いとか落ち込む感情ではなく、「肌色の違いや、先祖、生まれ育った環境の違いがこんなにも障害になるんだ」と再認識。

 

いつ一緒になれるか、そもそも将来が確信されていないことに固執したくないけど、やっぱり私は「好き」な人と一緒にいたいし、そんな感情を芽生えさせてくれる人から愛情を注がれたい。だから、私が「好き」の灯が消えるまで、今以上の「好き」に出会えるまで、この「好き」は大切に育てると決めました。

厚みのある女性であるために。

20代もがくなー!

昨日、とある経営者の話の中で、「この言葉一生忘れないんじゃないか?」というくらいインパクトの強い言葉が出ていました。

 

「切羽詰まっても、それを相手に見せない。ぐっとこられる」と。

 

なるほどなー、と思いました。

提案した企画の返答がもらえないとき、

納期が迫っている素材集めをなかなか回収できないとき、

こちらから連絡してもなかなか返答がないとき、

正直焦りが先走って、目の前のことに集中して取り組めなくなるときがある。

 

まるで、「あなたに言ってるんだよ」と言われているようで、ぐさっと来たというか、ビビッと背筋が伸びたというか…そんな気持ち。

 

みんながみんなそれぞれ何かの困難と立ち向かっているというのに、隣の芝は青く見えて焦りを感じたり…。

 

どんな場面でも、良い意味で、他人のことは気にせず、自分の進む道を突き進む強さが私にはまだまだ足りていないなー。

 

もっともっと自分を磨いていきたいし、「私」という存在に価値を付けていきたい。

東京じゃないと成長できない。磨かれない。と言われているんだったら、その言葉を裏返せるように見返したい。

 f:id:marika-styles13:20170215212839j:image

私が人生をかけたミッションである「好きな人と好きな場所で暮らす」のを達成させるために。

 

念願の長崎ランタンフェスティバル行く!

この週末、長崎ランタンフェスティバルに行ってきました!

f:id:marika-styles13:20170212183846j:image

中華街のある長崎市内では、この時期に旧正月を祝う春節祭が行われていたようですが、平成6年から規模を拡大したようです。

 

地元の人たちからは、「毎年同じなのに、観光客はなんで多いんだろう…」みたいな疑問を抱いていたり、「行ったことないんだよね〜」と言う人もいたりで、近いからこそ気付かない魅力を学びました。

 

旅行会社企画のツアーに参加したので、完全に受け身の、のらりくらりとした観光客でしたが、私は結構宿・交通機関の手配から自分で組み立てる方が好き。

 

ランタンフェスティバルは、会場が1ヶ所と思いきや、市内全体が会場のようになっているんです!

 

湊公園から

f:id:marika-styles13:20170212193050j:image

 

新地中華街を通り、

f:id:marika-styles13:20170212193420j:image

 

 銅座川の桃色提灯

f:id:marika-styles13:20170212193135j:image

 

浜んまちアーケード

f:id:marika-styles13:20170212193245j:image

 

そして眼鏡橋まで!

f:id:marika-styles13:20170212193335j:image

 

灯りでこんなに人の心が動かされるなんて思ってもいなかった!

 

前日までの積雪で、高速道路が一時通行止になって下道で向かわないといけないスケジュール変更もあったけど、天候に恵まれて快晴の空、時々曇りを維持してくれたので自然に感謝!

 

旅っていいなあ、っと再認識した一泊二日でした💛

 

お金に換えられない物への投資は惜しみなく。

私は、5行日記を書き続けて10ヶ月が経ちます。

f:id:marika-styles13:20170129172349j:image

 

 

日記を書く習慣をつけようと思い立ち、実際に行動に移したのは何度かありましたが、最初だけがっつり書くだけで、そのペースを継続させるのはなかなかの難儀。

 

ようやく私が苦痛なく継続できる日記に出会いました。

 

その日の良いことも悪いことも赤裸々に綴る。それで見えてきたことがあるんです。

 

それは、遠距離恋愛期間は寂しいけれど、人を信じる強さと、会えない間の自己磨きをさせてくれる。

 

内面、外見ともに少しずつ自分に磨きをかけることで自信がつく。

 

よし!来月からコースも変えて、着付け教室にも通い始めるから、新たな挑戦の日々。楽しみも募り募るなあ〜💛

 

そうそう、忘れてしまわないうちに!

昨日図書館で読書してたんだけど、出会った雑誌のコラムになってた開運占いで、今年の私は不思議な人脈を持ち、人との繋がりを持つことで安心感を覚えやすいタイプだけど、疲れやストレスが体に出やすいタイプでもあるから、無理はせず、計画的に「予定を入れない日」を作ることが大切とのお告げが!

 

やりたいこと、達成したいことはたくさんあるけれど、無理はせず時には一人の時間も大切にしなきゃなっ💛

占いや心理学も一つのアドバイスだと思って、頭の片隅に置いておく。決して鵜呑みにはせずに。

 

私の人生は私によってしか創られない。

この一週間を振り返ると、「自分の好きなことと強みが見えてきた」期間でした。

 

彼がアメリカへ帰り、再び国際遠距離ライフに戻っています。不思議と淋しさはそこまでなくて、次会うまでにどの目標を達成していたいか、と叶えたいことをリストアップしたことで、目標が明確になって気持ち的には楽です。

 

f:id:marika-styles13:20170122201756j:image

ここ最近は、自分の心中を言葉で表現する機会が多くて、心で話すと「私が求めているものはこれなんだ」、と見えてきます。

 

私が経験したスウェーデン留学体験は、自分が思っている以上に大きく、その後の人生にも影響やチャンスを与えてもらっています。

 

留学中の経験が、日本にいる今、「日本の文化を習得しよう」と思わせてくれ、茶道の世界にのめり込んでいます。そして、来月からは念願の着付け教室に通い、自分で着付けができるようになるためのステップを一つ踏んだところ。

 

スウェーデン留学のまま、帰ってくることなくスウェーデンでの就職も考えたけど、立ち止まって今、ここにいることは正解だと思って生きています。自分の生きる道は、自分でしか正解にできないし、正解だと思って生きなきゃ息苦しい。

 

デンマークの勉強会に飛び込んで、20代は私だけだったけど、「31歳まで有効のワーホリ制度、もう手遅れだった」なんて嘆いている人の声を身近で聞けば、私は恵まれていると思う!本当は4月にある一週間のデンマーク研修に参加できたらもっと良かったけど、一週間で38万かかるなら、自分で手配してスウェーデン一人旅してきます。

 

まだ、私に「これだ!」という道は見つかっていないけれど、今いる環境を一生懸命生き、絶えず人と出会い、それを縁と捉え、日々転がるチャンスをがっついて取りに行けば、道は開けるでしょう!

 

アメリカに嫁ぐかもしれないし、世界中を転々とするかもしれない。スウェーデンに住み着くかもしれないし、ずっと日本に留まるかもしれない。まだまだ可能性を秘めているならば、誰よりも輝く人生を作り上げちゃお、みたいなそんな心持ち♡

f:id:marika-styles13:20170122203229j:image

次会うまでの準備期間。

12時間のフライトを経て無事にシカゴに辿り着いたという連絡をもらい、ホッとしています。

"I just landed."というメッセージを受けたのと同時に、私も帰宅し、ちょっとしたことに運命を感じてしまう(笑)

 

まだ、彼がアメリカに戻ったという実感がないのか、スイッチの切り替えが上手いのかは分かりませんが、新たなる目標に向けて着々と行動できてる感じ!

 

まず、今日は、決め兼ねていた着物協会主催の着付け教室の申し込みに踏み切った!

 

北欧の実態が無料で学べるということで、今週土曜日夜の講座に参加申し込みをした!

 

スウェーデン協会の会長と交換留学にあたってお世話になった教授とのディスカッションで、現状できることを決めた!

 

自分の中で、何かが邪魔をしていた事柄に対して向き合い、何かしらの行動ができたので、あとは前に進むだけです。

 

彼という存在を糧にし、愛を他の形でパワーに変えること。

 

それが、私が遠距離中にできる最大の努力だと思っています。

f:id:marika-styles13:20170117233315j:image

 

仕事も好きなことも恋愛も全力で。そのためにはダラダラしないで、さっさと行動する人間になります!

 

日本滞在2カ月の彼、アメリカへ戻る。

時系列が前後しますが、今日は彼と「またね」の日でした。

 

私の誕生日である11月10日に彼は、完全サプライズで日本へやってきて、「日本に適応できるか」トライアルの2カ月間を過ごしました。

 

この間、英語を生徒に教えるレッスンを引き受けたり、約3週間かけて韓国、台湾、東京を一人旅し、留学時代の仲間たちに各所で再会したり、クリスマスには私とUSJや京都観光をしたり、と振り返ればのんびりしてそうで濃い時間を送っていたようです。

 

11〜1月は、私たちにとってイベントの盛んな時期なので、去年は共に過ごすことのできなかった、私と彼の誕生日、クリスマス、お正月、2年記念日を一緒に過ごすことができたのです。

 

一見、華やかな期間に思えますが、二人の絆や愛を試されているかのような困難や壁、批判が降りかかり、正直気が滅入る時期もありました。

 

そして、終いには「国際恋愛だから〇〇」という様々なレッテルを貼られて、半ば第三者からの意見に打ちのめされそうになった瞬間もありました。

 

そんな気持ちを彼に見透かされてしまったこともありながらも、なんとか気持ちを立て直せたのはやっぱり彼の気遣いと包容力。そして、様々な困難に邪魔されないという強い気持ち。

 

この2カ月で、私は自分の人生に彼は大きく影響していること、彼が私の人間性を磨いてくれていることに気がつきました。

 

f:id:marika-styles13:20170116232954j:image

次、いつ会えるか分からない彼を待つのは忍耐力と一途な気持ちが必要ですが、たとえ3年待たされても私の気持ちはブレないかな、と思える「またね!出張がんばって」を言ってお別れした別れ際でした^^

 

空港からの帰り道、一人で涙目になりながらも立てた目標とタスクが出てきたから、次彼に会えるまでにこなしておこう!