読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marikaの生きる道

スウェーデン留学経験。帰国してから、日本がより魅力的に思え、茶道・着付けを着々とトレーニング中。

彼と私の始まりは。

私たちは、同時期にスウェーデンのある大学に学ぶ交換留学生でした。

 

彼はアメリカからスウェーデンへ、私は日本からスウェーデンへ。

 

ヨーロッパでの留学を経験したことのある方は、体感されたことがあり、熟知しているとは思いますが、EU間の学生たちには交換留学再度とは別に、ERASMUS(エラスムス)という特別な制度があります。

 

EU加盟国の学生たちが、EUの大学で勉強している間はある一定の基準を満たせば、どこの大学でも学べるという国際性が養われるような制度なのです。

 

世界各国から留学生がいる私の日本の大学以上に、留学生の受け入れが寛容な環境には非常に驚きましたが、20歳でこんな環境に自分の身を置けた事は本当に恵まれているな、と感じます。

 

誰が留学生か現地の学生なのか分からないほど、入り混じった大学内で私と彼は出会い、ちょくちょく一緒に行動するようになりました。

 

そんな中大きなきっかけは、私と彼含めた4人で、Christmas Holidaysを利用してヨーロッパを回ったこと。彼は途中から合流でしたが、複数国を共にし、ピンチに遭遇し、ギリギリなんとか目標の「年越しはロンドンで花火を見ながら新年を祝う」を叶えることができました!

 f:id:marika-styles13:20170115225413j:image

 

旅から帰ってきた日に、「旅お疲れDrinking」をして、翌日彼の誕生日に告白を受け、「今はよくとも3ヶ月後遠距離になる」ことで「付き合うならここだけの関係にしたくない」と迷っていましたが、「なんか信じてもいいかも」という直感を頼りに今に至るというわけです。

 

遠距離は簡単じゃない。

言葉の壁だってある。頭を使わないと、からの言っていることを流してしまう。

文化や環境の違いが価値観の誤解を生むことも多々。

f:id:marika-styles13:20170115225214j:image

でも、そういう異なる価値観を学んで、まずは受け入れる努力をすることができるようになったことで私は確実に成長させてもらっています。

 

これが私たちの始まり。

 

「外国人彼氏」と交際2年を共にして。

ブログのタイトル「旅録」とはかけ離れますが、私は2014年のスウェーデン留学をきっかけに同じ時期に留学生としてアメリカから来ていた彼と付き合っています。

 f:id:marika-styles13:20170111175236j:image

 

 

 

 憧れだけでは決してやっていけない、国際遠距離が私に教えてくれたことを次回からぼちぼち個人の見解として主張していこうと思います。

 

 

「ここは日本?」鹿児島の玄関・マリンポートの魅力。

ある日、スウェーデン人の友達から連絡がきた。

「Hur mår du?(スウェーデン語で「元気?」という意味)」

 

「Jag är bra,tack. Ock du?(元気だよ。そっちはどう?)」

 

みたいな、やりとりをして、

一度鹿児島に遊びに来てくれたこともあり、写真を送りました。

 

f:id:marika-styles13:20160828150120j:plain

f:id:marika-styles13:20160828150357j:plain

 

これらは、先日マリンポートに立ち寄った時の写真です。

この日は天気がとっても良くて、夏真っ盛り。

風に揺られるヤシの木が南国感を匂わせます。

 

北欧に位置するスウェーデンに住む友人にとっては、

非常に魅力がある風景なのだろう。

 

「日本に住みたい」と言ってくる友人に

「私はスウェーデンに住みたい」と言い返す。

 

互いが互いの地に魅力を感じる。

人間、自分や自分の周りの魅力に気づかずに、人や他を比べがちだけど、

その自分にあるものや、自分がいる場所は他者にとって

とっても魅力があるモノなんだな~、と思ったり。

 

平成19年にオープンしたといわれている「マリンポート鹿児島」は

定期的に外国からの豪華客船がやってくる停船所でもあるんです。

f:id:marika-styles13:20160828151514j:plain

この日は運よく、COSTA SERENA(コスタセレーナ)が来ており、

海外から来られたお客様で賑わっていました。

f:id:marika-styles13:20160828151551j:plain

 

 

展望場所まで行くと、桜島や孤島がくっきり見えます。

f:id:marika-styles13:20160828151036j:plain

歩き始めていくと、「どかーん!」と見えてくる絵にかいたような景色には

本当に感動しますよ!

 

鹿児島には雄大な大自然と、県民の心と体を豊かにする食、温泉がある。

本当に本当に恵まれた人々です。

 

 

 

自然と共存すること。

昨日から24時間テレビが始まりましたね!

CMやラジオを通じて、「サライ」を聴くと

「今年もこの時期になったかあ」「もう夏も終わりだなあ」と気づかされます。

 

今週から9月に入りますが、残暑もまだまだ続く今日この頃。

大好きな夏を謳歌するため、昨日は友人と大隅地方まで走らせ、

ドライブに行ってきました~!

 

澄んだ青空。

雄大に広がる山々。

一面に続く田んぼと、そこで風の吹くままに揺れる稲たち。

f:id:marika-styles13:20160828135224j:plain

一見、何にもない場所かもしれないけど、

私はこんな大自然溢れる場所がとっても大好き。

 

都会で刺激をもらうのも大切だけど、

自分の拠点は「自分にとって価値と魅力のある場所」にしたいなあ、

と思っています。

 

学生までの私は、

「大都会じゃないと仕事ができない」なんていう固定概念がありましたが、

決してそんなことはない。

 

自分が変わらないと、周りの環境も変わらない。

一度きりの人生をのびのびと、悔いなく、一生懸命生きるなら

自分にフィットする空間で稼ぎたいし、身を置きたいと思うようになりました。

 

一つ成長できたかな。

 

そんな私が昨日、訪れたのは垂水市にある猿ヶ城渓谷。

そこに新しくできた「財宝パーク 猿ヶ城」に行ってみたよ~!

 

ここに住み着いているのか、人馴れしている猫ちゃんによってお出迎え。

f:id:marika-styles13:20160828144141j:plain

 

まずは腹ごしらえのため、「うどん流し定食A」を注文。

「○○流し」といえば、「そうめん」が主流ですが、

ここでは○○が選べるんです!

そうめん?うどん?そば?

f:id:marika-styles13:20160828140124j:plain

今回は、うどんに挑戦!ちなみに定食それぞれAとBがあるのですが、

Aはおにぎり2つ、Bはいなり3つの違いなんですよ♪

f:id:marika-styles13:20160828140453j:plain

選べる採れめん、採れたての焼きマスに味噌汁、そしておにぎりまでついて

¥1400(税込)!!

後半は「もう食べきれないね…」と言ってしまうほど、

ボリューム満点でした!

 

食後は、ラドン療温泉の方へ降りて、

アトラクション・ジップラインに挑戦するため受付。

8月31日までの夏休み特別価格で一人¥2500→¥1500!

 

夏休みありがと~♡

 

残念ながらカメラを持ってアトラクションを楽しむことができなかったので、
こういう時に「Go Pro欲しいな~」なんて思っちゃうんですよね(笑)

ジップラインについて|鹿児島 垂水 猿ヶ城渓谷 森の駅たるみず

 

とにかく楽しかった~!ごつごつ岩いっぱいの川で水に浸かることもできて

体の芯から冷えました♡

f:id:marika-styles13:20160828141329j:plain

 

f:id:marika-styles13:20160828142049j:plain

 

そして体に染み渡るミルクかき氷。¥480(税込)

かき氷にパンナコッタが新鮮でしたが、とってもマッチしていました!

f:id:marika-styles13:20160828144510j:plain

はあ…癒されました♡

 

垂水市は私の祖父母が住んでいることもあり、

落ち着く場所でもあり、その魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい、と

思う場所でもあるんです。

 

素材がいっぱい、温かい人がいっぱいの垂水へ行くときには

ぜひ猿ヶ城へ立ち寄るのもおススメです♪

 

鹿児島県垂水市/猿ヶ城渓谷・森の駅たるみず

「ほっと一息」の空間を求めるのなら美山でしょ!

急遽頂いた4連休を満喫しております。

もう少し事前にわかっていたら、遠出をする選択肢を取っていたと思うのですが、

こうやって金曜日の時点で分かった連休だったので、

日頃できていないことを存分にする時間を過ごそうと思います。

 

そんな連休の2日目。

前々から約束していた先輩とのご飯。

 

「どこに行こうかな~」と迷っていたところ、

母から「ここどう?」と竹取食堂 休庵を紹介され、ドライブがてら行ってきました!

 

休庵 tawaraya menu : よし、キモノ着よっ。

 

ここは、日置市美山という地区にある食事処。

f:id:marika-styles13:20160731203207j:plain

今月オープンしたばかりだというからまさに隠れ家的場所!

(とはいえ、お客さんでいっぱいでした!商売繁盛万歳!)

 

 本日の日替わりランチは、

「美山ビビンバ」か「海鮮トロロ丼」。

 

f:id:marika-styles13:20160731203427j:plain

 

大好きな海鮮丼を狙っていましたが、

私たちが着いたときは既に12時半を過ぎていたので、残念ながら売り切れ。

でも、それだけ繁盛しているということで喜ばしいですね!

 

「ビビンバも大好きだし~」ということで、

今回は美山ビビンバをオーダー!

 

「マグロの山芋トロロかけ」と「ビーンズサラダ」

f:id:marika-styles13:20160731203913j:plain

「実は豆が苦手」。そんな私でもおいしく食べられたサラダでした!

(今年の目標は「食わず嫌いを克服すること」なので、まずは何でも挑戦!)

 

「ゴーヤの酢の物

f:id:marika-styles13:20160731204319j:plain

苦味は残っていたけれど、酢の酸味とマッチしていてアリ!

 

「かぼちゃの味噌汁」とメインの「美山ビビンバ」

f:id:marika-styles13:20160731204536j:plain

不足しがちなお野菜もりもりで味付けも優しく体にしみわたる~!!

そして、味噌汁も優しい味でした!

 

ここまでで「お腹いっぱ~い」なのに、デザートとアイスコーヒーまで!

 

「わらびもち」と「すもものワイン漬け」

f:id:marika-styles13:20160731204924j:plain

 

f:id:marika-styles13:20160731204952j:plain

 

「お腹がはち切れるね」と言いながら綺麗に食しました♡

 

こんなに健康的で、もりもり食べて、その上100点満点の美味しさで

な、なんと!1000円(税込)という財布にも優しい価格!

 

やっぱり鹿児島っていいなあ。

 

満足度高いので、また行こう。

心の奥底から、おススメします。

 

そして、猫好きにはたまらない場所でもあるんです!

 

夏バテに困っているりんちゃん。

f:id:marika-styles13:20160731205405j:plain

どんだけいじっても、睡魔には勝てないようで、ひたすら寝てました。

 

まだまだ若い子。名前は聞き忘れた。

f:id:marika-styles13:20160731205533j:plain

若いっていいね~!ごはんもりもり食べてました。

 

一か月前に突如現れたらしい子猫。この子の名前忘れちゃった。

f:id:marika-styles13:20160731205708j:plain

来た当時は、「この子の命持つかな~」と思うほどの状態だったようですが、

ここのオーナーに助けられてすくすく育っているようです。

とっても元気でした。

そして、幸せなことに貰い手も見つかったようで8月中旬にはここを去るようです。

寂しいけど、嬉しいこと。

 

美山みたいな地域には自然に囲まれて動物ものんびりと過ごすことができる。

お金払って都会の猫カフェに行くより、ずっと良いですね!

 

美山は焼き物が有名で、この一帯職人さんが集まる地域。

食後は散策しながら、点在するギャラリーやショップを見て回りました。

 

 

今月オープンしたばかりのコーヒー、ごはん、暮らし道具を提供する「夏の庭」。

f:id:marika-styles13:20160731210303j:plain

二人の職人がおり、彼らが作るモノは半年以上の予約待ちというから

クオリティの高さが気になる!

 

入口には、このコトバ。

そうです、明日から葉月です。

f:id:marika-styles13:20160731210624j:plain

次は、ここで食事を楽しもう。

ちなみにここでの食事は土日のみらしい。

 

道路向かい、そして坂道を登っていくとである「美山陶遊館」

f:id:marika-styles13:20160731210815j:plain

ここでは陶芸体験もできるみたい。

洒落た陶器がずらりと並んでいて、茶道を習い始めた私にとっては

とっても興味深かった。

f:id:marika-styles13:20160731211102j:plain

そして、陶遊館にいらっしゃった方と話をすると、

どうやらここ美山には国から派遣された地域おこし協力隊がいるらしい。

 

そして、美山笑点に行くと、その人に会えるらしいから会いに行ってきた!

鹿児島出身。鹿児島の専門学校を卒業後、修業目的で11年間東京で過ごしそして現在に至るという男性。

 

「鹿児島に育てられたから地域貢献のためにも帰ってきた」

 

このコトバ、とっても印象的でした。

 

人それぞれ、様々な背景と経験を持ちながら生きているんだな、と実感。

私も失敗と成功を重ねながら、厚みのある人間になろう。

 

やっぱり美山が好き。

とっても素敵な一日でした。

 

「もっと美山のこと知りたい」と思う方はこちらをどうぞ!

www.satsuma-miyama.com

 

8月14日は、9時~朝マルシェも開かれるようです。

美山の朝マルシェ - 鹿児島県日置市にある薩摩焼の里、美山をナビする情報発信サイト

最高でステキな時間の過ごし方について。

今日は久しぶりにここに記録を残します。

f:id:marika-styles13:20160503140932j:plain

ゴールデンウィークがやってきた!すでにGW前半は終わったので、その前半に出会った新しいものや場所を紹介しようと思います。

 

4月29日(金)

昼前に、大学時代の友人から連絡をもらい、いつも通勤で使う電車を途中下車。

 

合流して、私たちが向かったのは二人とも行ったことのない「風の丘」という喫茶店。

f:id:marika-styles13:20160503141636j:plain

ここは、鹿児島県日置市にある大自然に囲まれた丘の上にあります。

 喫茶 風の丘 - 鹿児島県日置市にある薩摩焼の里、美山をナビする情報発信サイト

 

早速出会ったのは、子ヤギちゃん。(ライちゃんという名前らしい。)

f:id:marika-styles13:20160503141615j:plain

 

「風の丘」は美山あんみつで有名なようで、友達はその「美山あんみつ」をオーダー。

f:id:marika-styles13:20160503141806j:plain

 

私は、「コーヒーフロート」。

f:id:marika-styles13:20160503141905j:plain

 

何とも言えない「田舎」を感じる背景と、コーヒーフロートのミスマッチが新しい価値を感じます♪♪

 

オーダーしてから、少し時間がかかるんです。

話を聞くと、オーナーさん一人でお店を回しているよう。

あらかじめ「時間がかかるけど大丈夫かしら」と一言。

この景色を正面に、たまにはワンちゃんたちも近寄ってきて、近くのハンモックでゆったりくつろぐ。

 

そうやって時間に追われないひと時で、「スウェーデン時代」をふと思い出しました。

そういえば、スウェーデンにいた頃もこういう時間の使い方を大切にしていたなあ」と。

 

そして、会計の時に「ゆっくりできました?」とオーナーさんに言葉を貰った時に、コーヒーフロート450円の価値以上の満足感に気づかされました

 

時間に追われた普段の生活とはまるで別世界に舞い込んだ気持ちになれる空間なので、ぜひお立ち寄りください!

f:id:marika-styles13:20160503142115j:plain

 

それから、車で少し走った所に江口浜。

f:id:marika-styles13:20160503143022j:plain

まだ肌寒いけど、もう既にサーファーがたくさん!

f:id:marika-styles13:20160503142908j:plain

そして、照り付ける太陽を見て、「サンセットを見よう」と思い立ち、

f:id:marika-styles13:20160503143205j:plain

串木野のサンセットパークまで移動!

タイムラプスでサンセットまでの10分間くらいをおさめましたが、もう超良かった!!

 

そして、串木野名物まぐろラーメンを食べてステキな連休初日はおーわりッ!

 

(予想以上に長くなったので、今日はここまで)

 

最近、宮崎が熱い?!

鵜戸神宮サンメッセ日南から北に向かって20㎞近く走らせると出会う青島神社f:id:marika-styles13:20160322094439j:plain

高速を使って行くと宮崎インターで降りてすぐ着きます!

鬼の洗濯岩を横目に歩くと見えてくる!

f:id:marika-styles13:20160322100937j:plain

 鳥居!

f:id:marika-styles13:20160322101033j:plain

 

ここは島の上にある神社

f:id:marika-styles13:20160322094855j:plain

貝が堆積できた島だと言われています。この石の上に自分が拾った貝を置くとご利益があるとか!

 

f:id:marika-styles13:20160322095036j:plain

その隣にはこんな場所が!ここでは小声で願い事を言いながらこの器のようなものを奥の岩に向かって投げる!見事に割れると厄が払われ、運気が上がるといわれています!

 

f:id:marika-styles13:20160322095832j:plain

多くの願い事が書かれている絵馬。この絵馬についての由来が書かれていました。

 

かつて馬は感謝の気持ちを添えて奉納される動物でしたが、馬が高価でなかなか奉納することが難しかったため、馬小屋に願い事を書く習慣が広まりました。のちに馬小屋に似せた絵馬に感謝の気持ちや願い事を書く文化が定着したといわれています。現在では絵馬といえば願い事を書くものとして知られがちですが、実は願い事を書いた後のお礼を書くべきものでもあるんですね

 

南国の雰囲気漂うこの青島には何万本もののピロー樹と言われる植物が育っているそうです!

f:id:marika-styles13:20160322100352j:plain

 

気づけばすでにサンセットの時刻。太陽と海がよく似合う!この景色大好きです

f:id:marika-styles13:20160322100649j:plain

 最近、地方の中でも宮崎が盛り上がりを見せているということはよく聞きますが、大自然と魅力ある観光地の融合からその理由も納得できる気がします。