読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marikaの生きる道

スウェーデン留学経験。帰国してから、日本がより魅力的に思え、茶道・着付けを着々とトレーニング中。

シカゴのあんなことやこんなこと。

時差ボケなのか昨夜は早い時間から眠気に襲われました。

これって時差ボケなのかな?

 

2日目はシカゴのダウンタウンまで足を伸ばしてみました!

f:id:marika-styles13:20160225052514j:plain

黄色いタクシーはいかにもアメリカって感じ

シカゴのダウンタウンThe Loopと呼ばれ、会社や大学の高層ビルが立ち並ぶエリア。

 

昨日は天気が良かったので、443mという高さを誇るシカゴ一のタワー・ウィリスタワー(Willis Tower)へ。

f:id:marika-styles13:20160225060701j:plain

元々ウィリスタワーは1973年に建てられた通販会社シアーズ・ローバック社のビルでしたが、数年前に買収されたことでシアーズタワー(Sears Tower)から名称を変更しました。でも、シカゴの市民たちはこれまでの愛称で呼び続けているので、ウィリスタワーと呼べば彼らに喜ばれるかも。(笑)

 

エントランスで大人一人22ドルを支払い、エスカレーターで展望デッキに向かいます。

412ⅿの展望デッキから見る景色がこちら!

f:id:marika-styles13:20160225055822j:plain

ノースサイドのシカゴ。River Northと呼ばれるブランドショップが立ち並ぶエリア。時間があれば行かなきゃ!この写真からミシガン湖も見えます。

 

f:id:marika-styles13:20160225060409j:plain

こちらはシカゴの南部。一般的にはシカゴのサウスサイドとウェストサイドは治安が良くないと言われているので、観光には十分気を付けた方がよし

 

スカイデッキには透明アクリルの床があり、412ⅿ下がはっきりと見えます。高いところに恐怖症がない私でも怖かった(笑)

 

これは連邦政府センター前にあるフラミンゴ

f:id:marika-styles13:20160225052600j:plain

1974年に建てられた高さ16ⅿ、重さ50トンもある巨大なモニュメント。

 

映画バットマンでも登場したこの建物はシカゴ商品取引所

f:id:marika-styles13:20160225061650j:plain

1930年に完成したこの建物は、シカゴのシンボルでもあり、トップには女神像がいるというプチ情報!

 

遅めのランチはシカゴドッグ

f:id:marika-styles13:20160225062012j:plain

シカゴのホットドッグはちょっと味が濃くて、特徴的。

ソーセージは茹でているのか蒸しているのか?そんな感じで、

野菜がどんっ!と挟んであります。

 

私個人の感想では、胡椒がきいていて少し辛く感じました!

でも試してみるべし!

 

シカゴに来てみて強く感じることはダイバーシティの色が本当に強いこと

日本ではまだまだ見られない光景です。

なので、私が観光客だという認識は現地の人にはないよう。

ただアジア人を見かけても明らかに日本人という人を見かけたり、日本語を聞く機会がないので、西海岸の地域に比べたらシカゴは日本人があまり選ばない街なのかも、と思います。

 

シカゴ旅行というよりは、勉強も仕事もせずホームステイ感覚でここに来ているので、生活感が強いですが、ここで暮らすことの魅力はまだまだ発信できるほどの知識や経験が足りません。

 

まだまだ多くのことを発見していこう!