読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marikaの生きる道

スウェーデン留学経験。帰国してから、日本がより魅力的に思え、茶道・着付けを着々とトレーニング中。

愛があれば何も怖くないのは本当?!

グアム有数の観光名所の一つ、。行ってきました。

恋人岬へのアクセス方法はシャトルバスが定番かな、と思います。

グアムのシャトルバスに乗るためには乗車券が必要で、1回分$4、一日乗り放題だと$12で購入でき、タモン内を周回するコースのバスには乗車できます。ただ、恋人岬へ行くためのシャトルバスではこの乗車券は無効なのでご注意を

 

シャトルバスはTギャラリア、JPスーパーストア、マイクロネシアモールの3か所から出ており、シャトルバス往復+展望台入場料含め$10で行けます!

シャトルバスの時刻表はチケットカウンターで購入できるので事前に確認しておくと逃すことなく時間を有効に使うことができますよ!


f:id:marika-styles13:20160319104024j:plain

現地ではTWO LOVER'S POINTと呼ばれている恋人岬。

f:id:marika-styles13:20160319104244j:plain

恋人岬と言われているだけあってここはカップルや夫婦に人気のスポットなよう!

f:id:marika-styles13:20160319104402j:plain

f:id:marika-styles13:20160319104507j:plain

そもそもなぜここは恋人岬と呼ばれているの?気になりますよね!

ストーリーは悲恋です!!!

f:id:marika-styles13:20160319104919j:plain

様々な言語で書かれている悲恋伝説を要約すると、

遠い昔のグアムでの話。チャモロ首長の長女はスペイン人の陸軍軍曹との結婚を命じられていたが、本当に愛するチャモロ人兵士の存在がいた。二人はこの先もずっと二人で居られるように駆け落ちを考えるも見つかってしまいます。

とにかく岬の方へ逃げ、二人は髪を強く結び、手を繋ぎながらこの崖から身を投じたというそんな伝説です。

 

直接この高台から下を見てみると、身が引き締まるほど高いし

f:id:marika-styles13:20160319110504j:plain

下を見渡せば荒波だし、本当にがあれば恐れるものはないのかな、と疑うところでした!(笑)

f:id:marika-styles13:20160319110841j:plain

昔は今みたいに自分の意思で将来を決めることが難しかったので、今がどれだけ幸せか再認識しました!今ある幸せに感謝することって本当に大切ですね!!

 

しばらく展望台でグアムの海を眺めながらグアムの風に吹かれて、ここを去りました。復路もこのシャトルバスで!

f:id:marika-styles13:20160319111149j:plain