読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marikaの生きる道

スウェーデン留学経験。帰国してから、日本がより魅力的に思え、茶道・着付けを着々とトレーニング中。

「ほっと一息」の空間を求めるのなら美山でしょ!

鹿児島 日置市 美山 朝マルシェ 薩摩焼 薩摩焼の里 地域おこし協力隊 竹取食堂 休庵 夏の庭 職人工房 美山ビビンバ ランチ 隠れ家的食事処 陶芸体験 美山陶遊館 美山笑点 観光 日本 文化 九州 お得情報

急遽頂いた4連休を満喫しております。

もう少し事前にわかっていたら、遠出をする選択肢を取っていたと思うのですが、

こうやって金曜日の時点で分かった連休だったので、

日頃できていないことを存分にする時間を過ごそうと思います。

 

そんな連休の2日目。

前々から約束していた先輩とのご飯。

 

「どこに行こうかな~」と迷っていたところ、

母から「ここどう?」と竹取食堂 休庵を紹介され、ドライブがてら行ってきました!

 

休庵 tawaraya menu : よし、キモノ着よっ。

 

ここは、日置市美山という地区にある食事処。

f:id:marika-styles13:20160731203207j:plain

今月オープンしたばかりだというからまさに隠れ家的場所!

(とはいえ、お客さんでいっぱいでした!商売繁盛万歳!)

 

 本日の日替わりランチは、

「美山ビビンバ」か「海鮮トロロ丼」。

 

f:id:marika-styles13:20160731203427j:plain

 

大好きな海鮮丼を狙っていましたが、

私たちが着いたときは既に12時半を過ぎていたので、残念ながら売り切れ。

でも、それだけ繁盛しているということで喜ばしいですね!

 

「ビビンバも大好きだし~」ということで、

今回は美山ビビンバをオーダー!

 

「マグロの山芋トロロかけ」と「ビーンズサラダ」

f:id:marika-styles13:20160731203913j:plain

「実は豆が苦手」。そんな私でもおいしく食べられたサラダでした!

(今年の目標は「食わず嫌いを克服すること」なので、まずは何でも挑戦!)

 

「ゴーヤの酢の物

f:id:marika-styles13:20160731204319j:plain

苦味は残っていたけれど、酢の酸味とマッチしていてアリ!

 

「かぼちゃの味噌汁」とメインの「美山ビビンバ」

f:id:marika-styles13:20160731204536j:plain

不足しがちなお野菜もりもりで味付けも優しく体にしみわたる~!!

そして、味噌汁も優しい味でした!

 

ここまでで「お腹いっぱ~い」なのに、デザートとアイスコーヒーまで!

 

「わらびもち」と「すもものワイン漬け」

f:id:marika-styles13:20160731204924j:plain

 

f:id:marika-styles13:20160731204952j:plain

 

「お腹がはち切れるね」と言いながら綺麗に食しました♡

 

こんなに健康的で、もりもり食べて、その上100点満点の美味しさで

な、なんと!1000円(税込)という財布にも優しい価格!

 

やっぱり鹿児島っていいなあ。

 

満足度高いので、また行こう。

心の奥底から、おススメします。

 

そして、猫好きにはたまらない場所でもあるんです!

 

夏バテに困っているりんちゃん。

f:id:marika-styles13:20160731205405j:plain

どんだけいじっても、睡魔には勝てないようで、ひたすら寝てました。

 

まだまだ若い子。名前は聞き忘れた。

f:id:marika-styles13:20160731205533j:plain

若いっていいね~!ごはんもりもり食べてました。

 

一か月前に突如現れたらしい子猫。この子の名前忘れちゃった。

f:id:marika-styles13:20160731205708j:plain

来た当時は、「この子の命持つかな~」と思うほどの状態だったようですが、

ここのオーナーに助けられてすくすく育っているようです。

とっても元気でした。

そして、幸せなことに貰い手も見つかったようで8月中旬にはここを去るようです。

寂しいけど、嬉しいこと。

 

美山みたいな地域には自然に囲まれて動物ものんびりと過ごすことができる。

お金払って都会の猫カフェに行くより、ずっと良いですね!

 

美山は焼き物が有名で、この一帯職人さんが集まる地域。

食後は散策しながら、点在するギャラリーやショップを見て回りました。

 

 

今月オープンしたばかりのコーヒー、ごはん、暮らし道具を提供する「夏の庭」。

f:id:marika-styles13:20160731210303j:plain

二人の職人がおり、彼らが作るモノは半年以上の予約待ちというから

クオリティの高さが気になる!

 

入口には、このコトバ。

そうです、明日から葉月です。

f:id:marika-styles13:20160731210624j:plain

次は、ここで食事を楽しもう。

ちなみにここでの食事は土日のみらしい。

 

道路向かい、そして坂道を登っていくとである「美山陶遊館」

f:id:marika-styles13:20160731210815j:plain

ここでは陶芸体験もできるみたい。

洒落た陶器がずらりと並んでいて、茶道を習い始めた私にとっては

とっても興味深かった。

f:id:marika-styles13:20160731211102j:plain

そして、陶遊館にいらっしゃった方と話をすると、

どうやらここ美山には国から派遣された地域おこし協力隊がいるらしい。

 

そして、美山笑点に行くと、その人に会えるらしいから会いに行ってきた!

鹿児島出身。鹿児島の専門学校を卒業後、修業目的で11年間東京で過ごしそして現在に至るという男性。

 

「鹿児島に育てられたから地域貢献のためにも帰ってきた」

 

このコトバ、とっても印象的でした。

 

人それぞれ、様々な背景と経験を持ちながら生きているんだな、と実感。

私も失敗と成功を重ねながら、厚みのある人間になろう。

 

やっぱり美山が好き。

とっても素敵な一日でした。

 

「もっと美山のこと知りたい」と思う方はこちらをどうぞ!

www.satsuma-miyama.com

 

8月14日は、9時~朝マルシェも開かれるようです。

美山の朝マルシェ - 鹿児島県日置市にある薩摩焼の里、美山をナビする情報発信サイト