marikaの生きる道

スウェーデン留学経験。帰国してから、日本がより魅力的に思え、茶道・着付けを着々とトレーニング中。

私の人生は私によってしか創られない。

この一週間を振り返ると、「自分の好きなことと強みが見えてきた」期間でした。

 

彼がアメリカへ帰り、再び国際遠距離ライフに戻っています。不思議と淋しさはそこまでなくて、次会うまでにどの目標を達成していたいか、と叶えたいことをリストアップしたことで、目標が明確になって気持ち的には楽です。

 

f:id:marika-styles13:20170122201756j:image

ここ最近は、自分の心中を言葉で表現する機会が多くて、心で話すと「私が求めているものはこれなんだ」、と見えてきます。

 

私が経験したスウェーデン留学体験は、自分が思っている以上に大きく、その後の人生にも影響やチャンスを与えてもらっています。

 

留学中の経験が、日本にいる今、「日本の文化を習得しよう」と思わせてくれ、茶道の世界にのめり込んでいます。そして、来月からは念願の着付け教室に通い、自分で着付けができるようになるためのステップを一つ踏んだところ。

 

スウェーデン留学のまま、帰ってくることなくスウェーデンでの就職も考えたけど、立ち止まって今、ここにいることは正解だと思って生きています。自分の生きる道は、自分でしか正解にできないし、正解だと思って生きなきゃ息苦しい。

 

デンマークの勉強会に飛び込んで、20代は私だけだったけど、「31歳まで有効のワーホリ制度、もう手遅れだった」なんて嘆いている人の声を身近で聞けば、私は恵まれていると思う!本当は4月にある一週間のデンマーク研修に参加できたらもっと良かったけど、一週間で38万かかるなら、自分で手配してスウェーデン一人旅してきます。

 

まだ、私に「これだ!」という道は見つかっていないけれど、今いる環境を一生懸命生き、絶えず人と出会い、それを縁と捉え、日々転がるチャンスをがっついて取りに行けば、道は開けるでしょう!

 

アメリカに嫁ぐかもしれないし、世界中を転々とするかもしれない。スウェーデンに住み着くかもしれないし、ずっと日本に留まるかもしれない。まだまだ可能性を秘めているならば、誰よりも輝く人生を作り上げちゃお、みたいなそんな心持ち♡

f:id:marika-styles13:20170122203229j:image